職員

『オールふなごし』で

保育所では子どもが主役。しかしそれをプロデュースするのは私たち職員です。子どもたちの成長を『オールふなごし』で支えていきます。
船越保育所は、年齢の異なる子どもたちと保育者で作る大きな家庭のような空間です。

 

子どもたちと共に

子どもたちの笑顔と喜びが私たちの一番の幸せです。

 

笑顔の日々

船越保育所はひとりの子どもを『たくさんの目』で見ているので、子どものよい部分がたくさん見つかります。子どもたちはいっぱいほめてもらえるので、どんどん自信がつき明るく元気に育っていきます。

 

支え合い

  

職員会議、園内・園外研修

毎月の職員会議やケース会議、園内研修等で保育者としての資質の向上や情報の共有を図ります。「みんなで育てる」を合い言葉に、嬉しいこと、悲しいこと、楽しいこと、苦しいこと、何でもみんなで共有し、支え合っています。

 

経験は私の宝物

子育て中の私は、保育士でもありますが母親でもあります。その経験が何よりも今の保育に生きていると思います。また、保育所での経験が自身の子育てにも生かされています。大切な宝物です。

 

絆を大切に

  

ティータイム

ノーコンタクトタイムやティータイムはリフレッシュに欠かせません。おいしいスイーツと楽しい会話が心と体の栄養です。

 

公私ともに充実

船越保育所は、先生たちが公私ともに充実して生き生きと保育にあたることができるよう職場の環境改善、処遇改善に毎年取り組んでいます。先生たちの声を集めて「こうなったらいいな♪」の保育所作りを行っています。